EDの原因分類について

EDの分類

EDの原因は、大きく4つに分けられます。1つは器質性のものです。器質性とは、すなわち身体的原因によるEDのことを指し、主に神経系と血管系の障害によって起こります。2つ目はメンタルが要因となる心因性、3つ目は薬の副作用が原因となる薬剤性、そして最後に器質性・心因性・薬剤性が混合する混合型です。

「心因性ED」については、1999年、国際インポテンス学会の用語委員会によるED分類試案では、「一般型」と「状況型」の2つに大きく分類しています。今回は、この器質性と心因性、薬剤性の3つの要因について解説していきましょう。

1.器質性EDの原因

中高年に最も多いEDは「器質性ED」です。 器質性EDとは、血管の神経障害や動脈硬化の進行によって起こるEDです。 病気がなくても、30歳を過ぎると年齢とともに血管が老化し、弾力性が徐々に低下し(動脈硬化)、EDの症状に気付く人もいます。 動脈硬化が起こると、血管が十分に拡張できなくなり、血行が悪くなり、陰茎の海綿体に十分な血液が流れなくなります。

生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症など)の方は特に注意!

また、生活習慣病も血管に負担をかけ、動脈硬化の進行につながる可能性があります。 また、喫煙・飲酒は危険です! 最近EDに苦しんでいると思われる場合は、振り返ることができるように人生を変えることから始めましょう。

また、正常な勃起には神経が重要です! 神経には、脳を含む中枢神経系、脳と末梢をつなぐ脊髄神経、全身をつなぐ末梢神経があります。 ペニスへの指令 しかし神経が損傷すると、指令を出しても正常にペニスに伝わらず、EDの原因となります。

神経系の異常には、糖尿病性神経障害やパーキンソン病などの内因性要因、脳出血や事故による脊髄損傷、前立腺肥大症や一部の前立腺がん手術などの外因性神経損傷が含まれ、これらは外傷によっても引き起こされる可能性があります。

2.心因性EDの原因

多くの人が持つEDの印象は「中高年にありがちな症状」かもしれません。

20代、30代の男性の多くが「心因性ED」をはじめとする勃起不全や勃起不全に悩んでいます。 必要なときに勃起しない場合や頻繁に勃起する場合は、身体的な問題がなくても、仕事などの日常生活でストレスを感じている可能性があります。または家族、または失敗したセックスのトラウマ。 ストレスが引き金になりました。 奥さんが出産を告げた日、なぜかうまくいかなかったじゃないですか。

つまり、「今日は頑張らなきゃ!」というストレスが圧倒的なストレスに変わり、性的興奮が神経にうまく伝わらず、自分の意思に反して勃起できなかったのです。 この緊張とストレスにより、性的興奮が神経を通って陰茎にスムーズに伝わりにくくなり、EDにつながります。

性行為自体の経験が浅い20代の若い男性が緊張からなる場合や、仕事で忙しくまた子作り世代でもある30代の男性に多いパターンです。

また、最近増えているうつ病によるEDです。「性欲が出ない」、「性行為が面倒」なども、この心因性EDに分類されます。

3.薬剤性EDの原因

3つ目は、薬に関するものです。 EDは、抗うつ薬、降圧薬、良性前立腺肥大症の薬、AGA(男性型脱毛症)の薬などの薬の副作用によって引き起こされる可能性があります。 降圧剤の場合、投与前にすでに動脈硬化が進行している場合が多く、降圧剤の副作用は明らかでないことが多く、因果関係が不明な薬剤が多い。

しかし、2018年1月に日本性機能学会と日本泌尿器科学会が発行したEDガイドライン【第3版】では、利尿薬、β遮断薬、Ca遮断薬が多く報告されており、α遮断薬による勃起不全、効果なしアンギオテンシン変換酵素 (ACE) 阻害剤に関する報告があり、アンギオテンシン II 受容体遮断薬 (ARB) に関する報告はほとんどありません。 これは書かれています。

抗うつ薬の副作用による勃起不全は非常に一般的であるため、抗うつ薬を開始した後に分裂が増加した場合は、薬物性EDを疑う必要があります. 主にSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とSNRI(セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬)で、性機能障害に対する副作用率は約70%です。 そんな方にED治療は効くので、試してみてはいかがでしょうか。 ただし、SSRIやSNRIには射精障害の副作用もあるため、勃起しても射精できない場合は、医師に状況を説明し、薬を変更または減量する必要があります。

良性前立腺肥大症およびAGAの治療に使用される5α-レダクターゼ阻害剤であるデュタステリドも、副作用として勃起不全を引き起こすことが報告されています. この薬は、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換するのに必要な酵素5α-レダクターゼを阻害するため、副作用には性欲減退や勃起不全が含まれます. 約8%。 また、副作用が心配で服用を中止する場合でも、長期間服用すると半減期が3週間ほどあるため、服用を中止しても副作用症状が出る場合があります。すぐに立ち去らないでください。
AGA治療薬としても使用されているフィナステリドは、長期間服用しても半減期は約4時間です。
いずれかの薬の副作用で勃起不全が起こっても、ED治療薬で治療できるので、様子を見ながら飲むのをやめないことが一番です。

4.混合性EDの原因

実は「これがEDの原因」と断定することは難しく、上記の1~3が組み合わさっている場合が多いのです。 降圧剤の使用による加齢性高血圧や動脈硬化の副作用としてEDになる場合は、「器質性+薬剤性」EDの組み合わせです。 また、薬の副作用の乱れを経験し、セックスのたびにそれを思い出して不安を乗り越えられない場合、それは「薬物誘発性+心因性」です. 疲労や仕事のプレッシャーでEDを感じ、うつ病にかかり抗うつ剤を服用してEDが悪化した場合は、「心因性+薬物」の組み合わせです。 さらに、私たちが年をとるにつれて、器質性EDが発症する可能性があり、これは明らかに女性がセックスをするときに欲求不満を感じさせ、心因性EDと組み合わされる可能性があります。 原因が何であれ、バイアグラなどのed 治療 薬は効果がありますので、病院の医師にご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする