シアリスの効果や副作用を詳しく解説!

シリアス と は

シアリスは、日本新薬株式会社が製造・販売するED(勃起不全)治療薬です。 有効成分はタダラフィルです。 Tadalafil は、3 つの規格 [5mg] [10mg] [20mg] で利用できます。

剤形は図のように楕円形で、包装は「暗黄色フィルムコーティング錠」で、内容物は白色の薬です。 最大の特徴は、バイアグラやレビトラに比べて作用時間が非常に長いことです。 20mgの服用で最大36時間作用することが知られており、金曜日の夜に服用すると日曜日の午後まで作用し続けるため、「ウィークエンドピル」としても知られています. また、一度体内に吸収されると食事の影響を受けず、ED治療薬の中で最も食事の影響を受けにくいです。

また、顔面のほてりなどの副作用が少ないことから、焦らずストレスのないED治療の新たな選択肢としての地位を確立しています。 2018年から2019年にかけて、最高のシェアを保持しました。 (2020年~2021年第2位)

また、シアリスの国内特許が切れたことに伴い、9社がタダラフィル錠をシアリスのジェネリック医薬品として製造することを厚生労働省から承認され、販売を開始しました。

シアリスの服用方法

シアリス錠は性行為の2~3時間前に水で服用してください。 水がない場合は、お茶やソフトドリンクでも構いません。
吸収速度は、その時の体調や個人差により、1時間から4時間程度です。
グレープフルーツ ジュースと一緒にこの薬を服用しないでください。薬の代謝が遅くなり、予期しない副作用が発生する可能性があります。
お酒を飲みすぎると薬が効かなくなりますので、飲みすぎには注意してください。
シアリスのさまざまな材料は、食物に影響を与えないため、食事の前後にいつでも服用できると述べています。 しかし、実際に食後よりも食前の空腹時に服用した方が効果があるという患者さんの声を聞いたことがあります。 そのため、効果を感じない場合は、食前の空腹時に服用してみてください。 この薬を服用してから1時間以内に食事ができます。
10mgで20~24時間、20mgで36時間効果が持続します。
投与量は 1 日 1 回とし、[10mg] と [20mg] の投与量は少なくとも 24 時間空けてください。

硝酸剤(ニトロ製剤)やβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部が併用禁忌です。該当する薬剤を使用している方には処方できません。

ED治療薬は血流を改善して勃起を助ける薬であるため、これらの薬を服用しても性的刺激や覚醒がなければ勃起は起こりません。 つまり、薬を飲んで体内に吸収しても勃起しません。
シアリスはバイアグラやレビトラに比べて、「ほてり」「充血」「頭痛」などの副作用が少ないのが特徴です。 また、これらの副作用は誰にでも起こるため、薬が効き始めている兆候であり、心配する必要はないと考えることができます. 頭痛や鼻づまりが気になる方は、頭痛薬や副鼻腔炎のお薬を同時に飲んでも大丈夫です。
シアリスを長期間服用しても、効果が低下する抗体が体に作られることはありません。 しかし、ED(糖尿病、高血圧、高血中脂肪)や老化につながる病気が進行すると、以前ほど効果がなくなったと感じることがあります。 これは、ED治療薬の効果が低下したという意味ではありません。

シアリスの副作用

バイアグラやレビトラと比較して、シアリスは頭痛やほてりが少なかったが、消化不良などの胃腸の副作用や、背中の痛みや筋肉痛などの骨格の副作用が多かった. 実際に当院を訪れた患者さんからは、バイアグラやレビトラよりも胸やけや腰痛などの副作用の報告が多くなっています。
国内の用量反応試験では、86 例中 39 例がシアリス 20 mg の副作用を報告しており、主な副作用は頭痛 15 例 (17.4%)、潮紅 5 例 (5.8%)、ほてり 3 例でした ( 3.5%)、4例(4.7%)の消化不良と1例(1.2%)の背中の痛み。

頭痛、紅潮、ほてりなどの血管拡張作用による副作用は、数時間以内に治まる傾向があります。 これらの副作用のいずれかが時間とともに消えれば、心配する必要はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする